新たな「共生型住まい」を推進する

一般社団法人日本シェアハウス協会について

地域共生型シェアハウスのイメージ

シェアハウスIMAGE

一般社団法人日本シェアハウス協会 発足の主旨

シェアハウスIMAGE

頑張る老若男女を応援

 若者たちの生活コストの中で最も大きいのは「家賃」です。その為、ワンルームより 低家賃で共有部が充実しており、様々な業界の方と交流ができる共生型賃貸住宅「シェアハウス」のニーズが大変高まっています。

増える高齢世帯の住宅の活用

 高齢化の進展で高齢者の転居による「空き家」が増えています。老後は便利なマンションや介護の安心な老人ホーム等に住み替えたいと考えても自宅をどうするか、また老後の生活費の確保等で悩まれている方が実に多く、「空き家の活用」が益々重要になります。

健全な賃貸ビジネスとして発展させる

 各地で様々な企業や個人が消防法等を無視したシェアハウスを運営しています。将来、火災等で不幸にも死傷者 が出る事態が起きれば、きちんと取り組んでいる企業も悪質企業も同様に行政指導やコストアップになる設備を業務化される可能性があります(工事費増=家賃に影響)。その為、我々は法令順守で健全な賃貸事業としてシェアハウスを発展させるための組織作りが急務と考え当協会を発足しました。

地域活性化に入居者の力を活用

 シェアハウスには様々な経験やノウハウを持つ入居者が集まっています。そこで彼(彼女)らの参加を得て「地 域の活性化」や新たなネットワークを作り、活気ある地域作りに取り組んで参ります。
 シェアハウス事業者は無論の事、以上の発足の主旨に賛同頂ける法人や個人の参加を募り、新たな住まい方で社会の活性化に取り組んで参りたいと思います。是非、皆様の参加をお願い申し上げます。

一般社団法人日本シェアハウス協会(前身:シェアハウス振興会)